神奈川県相模原市 内科・消化器内科・循環器内科・胃カメラ・大腸カメラ・各種検査のみはら医院
神奈川県相模原市の内科・胃カメラ・大腸カメラのみはら医院
みはら医院の循環器内科
みはら医院の循環器内科
令和2年春より、みはら医院の専門内科領域に循環器内科が加わりました
高血圧、脂質異常症などの生活習慣病、狭心症、心不全、不整脈や循環器疾患の術後で安定している患者さんを拝見させて頂きます。
心臓や血管でご心配なことがあればいつでもご相談ください。適切な検査を行い、場合によっては最善の薬を処方いたします。続けられる生活改善を一緒に考えてまいりましょう。
以下、みはら医院での高血圧に対する診療、検査、そして血圧管理についてご紹介します。
日本には高血圧と診断されている方が約4300万人いると言われています。そしてその内の90%が生活習慣病である本態性高血圧症です。 高血圧を放置しておくと動脈が硬くなってしまい(動脈硬化)、心筋梗塞や脳梗塞の原因となったり、腎臓病を悪化させてしまったりすることがあります。 生活の中で血圧を低めに管理し、病状を悪化させないことがとても大切です。
本態性高血圧症は、原因がはっきりせず、体質、食生活、ストレス、加齢などの要因で引き起こされます。 まずは患者様のお話しをお聞きし、様々なご質問をしつつ、原因となりうることを探ることからスタートします。
目標とする家庭血圧(自宅で測る血圧のこと) は個人によって異なります。家庭では、同じ時間、同じ条件で測定しやすく、正確な血圧情報を得やすいと考えられています。
ご自身の血圧が適切なのか、薬を内服して十分に血圧はコントロールされているのか、何のために治療しているのか、コレステロールなどと比較して動脈硬化との関連がピンときにくいようです。 血圧は常に変動しています。測定するタイミングと測定する習慣への慣れが重要です。血圧は遺伝的素因、塩分摂取量、運動の有無、肥満の有無によって規定されます。
まずは安易に薬に頼ることなく、生活改善のための糸口を探しましょう。当院では減塩など食生活を一緒に見直します。
血圧を下げる薬の種類は多く、常に新しい薬とその使い方がアップデートされています。 どの種類の薬が患者さんにとって最も適切か、体質や生活環境を考えながら検討し、必要な薬を処方し、一緒に血圧管理を行っていきます。
超音波を用いて心臓を画像にして、心臓の動きや弁の状態、血液の流れなどを観察する検査です。弁膜症や虚血性心疾患、心筋症、先天性心疾患などの診断に用いられます。 食事制限はなく、検査時間は20分程度です。
超音波を用いて頸動脈(頭に血液を送っている太い血管で、首に左右1本ずつあります)を観察する検査です。 血管壁の肥厚やプラーク(脂肪の層)で血管が狭くなっていないかを調べ、動脈硬化の程度を評価します。 食事制限はなく、検査時間は15分程度です。
携帯用の小型心電計を用いて、24時間分の心電図を記録します。 日常生活における脈を調べて異常がないかを検査するため、入院の必要はありません。 不整脈や狭心症の検査に役立ちます。10分程で検査機器の装着は完了します。入浴も可能です。
当院は近隣の総合病院と連携しております
より専門的な検査や入院が必要な場合は、適切な医療機関をご紹介させて頂きます
北里大学病院、国立相模原病院、相模野病院 など
Copyright©Mihara Clinic All Rights Reserved.